勝どき、月島、佃、晴海の賃貸不動産情報

フォレストリビング有限会社

 
03-5547-1425
9:30~17:30 (水・日・祝日 定休)

お電話は03-5547-1425までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
お問い合わせ
03-5547-1425
FAX:03-5547-1426
営業時間
9:30~17:30

定休日:水・日・祝日
スマート会議室勝どき駅前
RYU:X TOWER
幸せな暮らしを届ける住まいのご紹介

業者間通信ReQs

フォレストcafe

固定資産評価額の修正2022/06/25

フォレストリビング@勝どき駅前です。

東京都は今月6月末が固定資産税の第1期支払い期限ですね。

皆さまは、評価額(税額)を毎年しっかり確認されていらっしゃいますか?

疑問があれば、納付前に照会を行うことがとても重要です。

 

今回は、当社で管理をさせていただいているビルオーナーが、

税額を修正(減額)してもらった実例をご紹介いたします。

毎年春の縦覧期間には、必ず名寄帳を請求して金額の確認をされていますが、

今年は、昨年度に比べて1割近くも予定税額が増えていたため、

本年度が3年に1度ある評価見直し年度に該当しないことも確認したうえで、

納付書到着後に役所に照会をしてみました。

 

最初に、コロナ禍への対応として、昨年度評価の見直しを据え置きしたものを

一年遅れで実施している場合もあるとの一般説明があった後に、当該地区の

評価算定担当官に引き継がれて、詳細説明を受けることになりました。

 

①対象となる土地の面積が増えています。

 ⇒この点は、昨年オーナーは測量を実施して、地積更正(登記簿の面積を

  実測面積と合致させる手続き)も行っていたため、承知の範囲でしたが、

  それであれば、㎡あたりの評価額(単価)は同一なはずなのに、こちらも

  1割近く高くなっていたので、更にその点を追求しました。

 

②面積の増加に伴い、土地の間口と奥行を調べた結果、奥行補正率(道路からの

 奥行の長短により、評価を調整する割合)も見直しをしています。

 ⇒評価方法の説明としては理解しますが、実際には土地の形状や区画は

  何も変更されていないので、納得ができる回答には思えません。

  加えて当該地は五角形を変形したような土地で、3方が接道しているため、

  間口と奥行の関係は、整形な土地の場合とは、だいぶ異なります。

  

  今回、地積更正した元々の経緯は、役所側からの要請により公道と所有地の

  境界確定が実施されたことから、オーナーとしてはこれを好機と捉えて、

  隣接地との境界確定および確定測量も行い、更正登記を実施したものです。

  その旨を伝えて、斟酌を要望したところ、担当官も理解を示して評価算定の

  見直しを受け入れ、最終的には評価の単価は従来(前年度)どおりとして、

  更正による面積増加分のみ増額との裁定(修正)に至りました。めでたし!

 

ということで、毎年きちんと確認を行い、疑義があるときには、しっかりと

根拠を持って協議することが大切 というお話しでした。

 

勝どきの物件はこちら
月島の物件はこちら
沖縄の物件はこちら